ジャンボと仲間たち

説明

ゾウ、イヌ、ネコ、ネズミ──4種類の動物カードを出し合って勝負!
相手の動物を捕まえれば、自分の得点になります。
動物カードの構成は全員同じなので、ラウンドが進むごとに読み合いが激しくなります。


動物をたくさん捕まえよう
イヌ、ネコ、ネズミ……そしてゾウ。みんな自分の得意な相手を捕まえようとしています。『ジャンボと仲間たち』では、全プレイヤーがいっせいに動物カードを出し合い、ルールに沿って他の動物を捕まえます。この時、自分が出した動物もまた、他の動物に狙われている可能性があります。

ゲーム終了時、捕まえた動物カードの数字を合計して、一番得点が大きかった人が勝利します。


●遊び方

①誰が誰を捕まえる?
カードを1枚ずついっせいに出し合って、ルールに沿って動物を捕らえます。ゾウはイヌを、イヌはネコを、ネコはネズミを、ネズミはゾウを捕らえることができます。同じ動物カードを出した人が複数人いた時は、カードの数字の大きい人が優先され、その人が動物を捕らえられます。

②どのカードを出すか?
相手と同じ動物かつ同じ数字のカードを出してしまうと、バッティングとなり動物を捕らえることができません。どの動物カードを出すかだけでなく、出す数字にも気を付けましょう。

なおゲーム開始時、全員の手札の構成は同じです。ゲームが進行するにつれて手札の残りが判明していくので、読み合いが激しくなります。

③多くの動物を捕まえよう!
上の例では、ネコを出したプレイヤーはネズミ(青色の囲み)を捕らえられます。イヌを出したプレイヤーはネコ(赤色の囲み:今回出されたカードも含む)を捕らえられます。

このように勝負を続けて、多くの動物カードを集めましょう。集めた動物カードの数字を合計して、一番得点が大きい人が勝利します。

  • 商品名

    ジャンボと仲間たち

  • メーカー希望小売価格

    1,380円(税別)

  • JAN

    4543471003201

  • 対象年齢

    8才以上

  • プレイ人数

    3~6人

  • プレイ時間

    約15分